ゆらりゆらりとゆらゆらと

あたまの悪い男が、起こったことを忘れないためのボケ防止日記

「Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~」感想Ⅰ

 f:id:yurayura3:20200425155451j:plain

“我が初恋よ 枯れ落ちろ——

 

story:黄金錬成を間近に控え日本に向かおうとする聖槍十三騎士団黒円卓ヴィルヘルム・エーレンブルグ=カズィクル・ベイ。そんな彼の前に現れる女性記者ディナ・マロイ。彼女の取材に快く応じるヴィルヘルム。彼の口から明かされる在りし日の戦いと1人の少女の物語——。

 

 

またしても外伝作品の感想。時系列で考えると次コレにあたるかなって。

主役はヴィルヘルム・エーレンブルグ。

ってヴィルヘルム?!まさかの?!

こいつ転生後でもおいしい活躍したというのに、転生前でも主役をもらうなんて、、、。

14歳神の寵愛を受けてやがる。

 ブログ主はベイが好きかと聞かれると、ふつうです。

かっこいいと思うところも多々あるのですが、なぜだか「好き」というハードルはこえてこないんだよなぁ。

なんだったらコイツと殺りあう司狼やシュライバーのほうが好きだったりする。すまんなベイ。

 

 

 

ニューヨーク・ブルックリンにある怪物園(ボルヘス・ハウス)と呼ばれるフリークスバー。

そこで取材に応じる怪物園のカリスマ・ヴィルヘルム。

f:id:yurayura3:20191024211920j:plain

 

そうえば司狼もボトムレス・ピットの主だったけども、ヤンキー属性の奴はみんなクラブやバーの王様になるのだろうか(笑)。

まず己の出生を語るベイ。

お母さんはお姉ちゃん。

これにドン引きするディナ。

そりゃそうだ。ふつうに引くわ。

そして幼き日のベイの思考はだんだん暴力方面にシフト。

虫に始まりネズミ、動物、赤ん坊を殺害。

果てに母であり姉のヘルガも蹂躙する。曰く生まれの呪いを断ち切るためだと。

ここまででも充分壮絶だが、さらに話は黒円卓入りへ。

 

この世で上だと認めたのはラインハルトただ一人。

だが計り知れないのはメルクリウス。死にかけ衰えているのに、その巨大さが計り知れない。

だから嫌いなんだ、と。

ベイがメルクリウスに対しどういう印象を持っているかわかる割と貴重なシーン。

さらに、彼にとって究極の理想はラインハルトがメリクリウスを打倒すること。その聖戦に爪牙として参加すること。

ベイごときが何言ってんだって話だが、事実那由多の回帰の果てにその望みが果たされるとは...。

 

そして回想はワルシャワ蜂起戦。

すこし驚いたのはベイがこの段階で創造位階に到達していたこと。

このチンピラの聖遺物適性はやはり相当なもの。

ここでDies初心者のための、ベイによるありがたい死森の薔薇騎士&エイヴィヒカイト講座。(しかしこの作品からDiesに入る人はなかなかスゴイと思う)

できれば詠唱ききたかったぜ。好きなんだよなぁバラ夜の長ったらしい詠唱。

 

さんざっぱら暴れるも同時に自身の限界も見えヤキモキしだすチンピラ。やっぱりチンピラ。

八つ当たりで人や物をぶっ飛ばし始める。もう嫌だこのチンピラ。

そうしてふっとばしたガレキの下から現れる1人の少女。

f:id:yurayura3:20200425155514j:plain

 

助けてくれたと勘違いし礼を述べる。

そしてお互いの見た目から、チンピラと自身の共通点を聖書を引き合いに

ク「彼の肌は雪のように白く、また薔薇の花のように赤く、髪は羊毛のように白く、目は美しく透き通ってた」

同じアルビノ。太陽に愛されない。半分の世界にしか生きられない。

自己紹介、名をクラウディア

 

こいつは使える、と少女を連れ帰るベイ。

さぁここから始まる怒涛のベイとクラウディアのラブコメ

これが未知か!

刑士郎とはまた別ベクトルのツンデレ具合。

ブコメこなせちゃうベイなんて俺の知ってるベイじゃない。

 

そんなクラウディアは同じアルビノなのに、自身は薄くベイは眩しいという印象を抱く。

どうすればベイのようになれるのか。

ヴ「叫べ。自分の感情を解放すんだよ。限界なんかあると思うな」

 「出来るってよ、信じて一気にぶちかませ」

乱暴だけど力強いベイの考え方。かっこいいです。

ここでルサルカとベアトリスの乱入。まじめなシーンどこへやら。

しかしドラマCD以外で黒円卓の日常シーンって意外と新鮮。

 

危険と知りつつベイについてきたクラウディア。

半分のまま何もせず死んでいきたくはないと語る。

ク「私は光の世界にどうしても触れたい」

 

f:id:yurayura3:20191024205456p:plain

シュピーネさん!シュピーネさんじゃないですか!

なんだそのメッセージ欄の顔のカットは(笑)買い物担当て!

ちくしょうあいかわらずこちらの頬をゆるませてくれやがる大好きだ!

シ「薔薇に棘があるように、女性も毒がなければ完全とは言えませんよ。己が魔性を意識し、かつ磨きなさい」

すごい。女性かく在るべしと教授するシュピーネさんはやっぱりすごいや。

形成(笑)とか言うヤツは全員グラズヘイムで便所掃除な。

 

その後シュピーネさんと別れた2人は教会へ。

神の存在を信じるかと問うクラウディア。

そんなモノがいるなら戦争は起きないし自分のような外れた存在が生まれるはずがないと答えるベイ。

だがクラウディアは、神様とはそういうもので人を死なせるのがクソならばラインハルトも同じでしょう、と。

地雷をあえて踏みにいくクラウディア。勇気あるな。

そしてみんな目指しているところは同じ“善き処に行きたい”

作中何度もでてくる言葉であり、確かになと頷けるキーワード。

そんなやりとりを交わしていると出ずにいられないのが本物の変態

f:id:yurayura3:20191024205505p:plain

メルクリウスにとっても興味深い内容であり招集がかかったベイとともに城へおいでとクラウディアを招待。 

 

そして城にあつまる爪牙のみなさま。

双首領の新規CGがかっこいい。

だけどおや?神父の姿が......?

そうなんとトリファさん黄金相手に逃走し、かつ成功してしまった。

行方は不明だが、黄金の匂いを辿ればわかるから今は手を出すなと団員に告げる。

ラ「神父の渇望が熟れて落ちる瞬間を待つ。よいな」

トリファにとって最大の悲劇につながるわけだが、ラインハルトにしちゃあめずらしく悪辣なことをするなぁなんて思うんですよ。

いや悪の親玉だし、ベルリン大虐殺っていう鬼のようなことやっているのは知ってるんだけど。

ラインハルトが孤児の子どもたちを殺す指示だしたのがなんか解せないというかそんな小物っぽいことしてほしくなかったなぁ、なんて。

 

そんな感想はさておき、水銀が話を本題へ移す。

曰く“カチンの森って知ってる?”

アホの子ベイは置いといて、反応を見せる何人かの団員。

大量の死体がでているものの、詳細が一切不明。

この神秘を排除することが今回のミッション。

前座の終いにふさわしいと語る双首領。

投入されるのは死体の専門家リザ。

ハブにされて不貞腐れるベイ。

そんな部下に気をつかえる上司の鑑副首領閣下。

他の奴らはリザの指揮下なら行ってもいいよと促す。

 

解散したあと絡んでくるエレ姉さん。

ラインハルトのことで理解しあっている同士とても仲がいい。

本編の玲愛ルートでもその辺の描写がちょっとあったり。

そしてベイはラインハルトの黄金錬成ないしは流出の意味を正しく理解していた。

ヴ「この城の、いいやハイドリヒ卿の一部になれば不死身になれる。よく知らねえが、それをエインフェリアっていうんだろう」

アホの子ベイが把握してるのに、これじゃあわかっていないルサルカやリザがベイ以下のアホみたいじゃないか!!

カチンにクラウディアを連れていく予定のベイ。

するとエレオノーレからクラウディアに関する書類を渡される。

クラウディアと合流するベイ。この間なにをしていたのか訝しむも口にはせず。

 

 

場面はカチンに向かう列車。メンツはベイ、クラウディアそしてベアトリス。

f:id:yurayura3:20200425155646j:plain

(しかしなぜ列車?こいつら大地の脈かなんかを移動できるのでは?) 

 先行しているリザに代わり指揮官をつとめるはまさかのクラウディア。ドヤっててめちゃくちゃ可愛い。

f:id:yurayura3:20191024210503p:plain

可愛い。

というかベイとベアの漫才が豊富。後の「Verfaulen segen」での殺伐とした雰囲気はこの段階では皆無。

しかしこのベイ面倒見よすぎである。

 

その後リザと合流。

確認できたところで約5000人の死体が発見。実際はこの5倍死んでいるのではと推測。さらにそんな死体が夜な夜なさまよっているとかいないとかヒエっ......。

しかしながらリザさんがこれほど前面にでてくるのは新鮮。

本編では玲愛ルートぐらいしかいいところなかったもんな...。

 

さてそんな御一行、森の深部に到着。

リザさんの後出し情報によると、すでに東方正教会&ヴァチカン(教皇庁)の調査があったらしい。なぜ先に言わない?

さらに雨が降り出してくる。

リザさんの後出し情報によると“月”と“雨”が怪異が起こる条件らしい。

なぜ先に言わない?

 

そうして現れるゾンビの群れ。泥の波にさらわれるクラウディア。

ベイは形成。表層にでてくるヘルガ姉さんまじ怖いっす。

そのまま戦闘に移行。この敵が何なのか、どうすれば適切かといった説明が入る。

 

だがここで1個不満なのが、

説明の描写多すぎじゃね?

ただでさえ列車の中でも魔術の説明めちゃくちゃ長かったんだけど。

Diesってもともと状況とか単語の説明多いけどさ、にしてもクドイ。クドすぎる。

Dies本編じゃあもっと自然にやってくれてた気がするんだけどなあ。

というかベイがそんなことしてるのが違和感なんだわ。

いやおまえヒャッハーしてるわりにめちゃくちゃ思考してるのな!

融合型のデメリットとはいったい...?

まあ実際主役という扱い上仕方ないことではあるのだろうけど、このあたりは読んでいてダルかった。

蓮、覇吐、四四八。おまえたちは良い主役だったんだな。

 

と嫌な文句を垂れてしまったが、ベアトリスの心情が垣間見える場面があったのはよかった。

ベ「私の器はこんな所で終わらない。そう信じている」

 「たとえ自ら水銀に染まっても、人であることを忘れないと誓っているから」

我欲のためでなく、尊敬する師を魔道から救うため入団。

水銀から魔術の薫陶を受けたあとでも”殺し”はほとんどしていないというベアトリス。

ベアトリスマジかっけぇ。そりゃあ三騎士の代わりになれるなんて言われるわ。

 

そんなこんなでベイとベアが持久戦していると、リザも形成発動。

いつものマスクかと思いきやドレス姿にチェンジ。

f:id:yurayura3:20191024205523p:plain

その胸元けしからん!けしからんですぞ!!

“愛しい人よ 私はあなたに口づけをしました”

“そう口づけをしたのです”

“とても苦い味がするものなのね”

“これは血の味?”

“いいえ もしかしたら恋の味ではないかしら”

“ああ ヨカナーンカナーン あなたばかりが美しい”

死者を操るリザの形成。質より量重視の場合は聖遺物はドレス状態になるらしい。

新詠唱といい能力といいズルいぞ!形成(笑)さんにもなにか分けてやってくれ!!

 

リザさんの形成(強)により戦闘は終息へ。

迷子のクラウディアを探しにいくと怪しげな洞窟を発見。

黒円卓探検隊は訝しみつつも中へ。

立体的な洞窟を進み、ちょうど一回りしたところで探検隊に異変が!!

 

f:id:yurayura3:20191111212904j:plain 

闇に囚われる藤お、、、もといベイ中尉。

聞こえてきたのは、在りし日のリザ・ブレンナーの悲嘆の声。

リザを中心に並ぶ子どもの亡骸。

超人の創造を目指すも積み上げられるのは死体の山。

なぜ上手くいかない。何が足りない。何をしなかった?

戦闘をしていた先ほどとは打って変わって震えるリザの声が痛ましい。声優さんしゅごい......!

超能力者の生産方法を9割方確立していたリザ。この段階で十分偉業なんだが。

しかしブログ主がここで驚いたのがリザが不妊症であったこと。

これ本編じゃ描写なかったよね?ファンブックとかには載ってたのかな。とにかく初めて知ったので驚きました。

多くの子を死なせた挙句“戦争”という非日常により追い込まれていくリザ。

もし身籠れるなら、

リ「悪魔に魂を売っても構わない」

メ「よかろう ならば御身の真実を教える」

悪魔よりタチの悪いやつ降臨。

伝えてくる言葉も最悪。

おまえは死体しか愛せないよ、生きた男は意味ないよ、もうすぐ極上の死体がでてくるよ良かったね。

メ「ああ ヨカナーンカナーン 死したおまえこそが美しいと、謳いながら交わればよい」

おい、だれかこいつを滅尽滅相してくれ。

 

リザの一幕が終わると今度はベアトリス。

悔恨と祈り。

1942年。ラインハルト暗殺が報じられた直後、エレオノーレは動揺し再起不能の重傷を負う。

しかしこの状況にベアトリスは安堵していた。

エレオノーレがラインハルトの呪縛から解放されたと思ったから。

これからも悲劇は続くだろうが少なくとも“人”として死んでいけることが幸せなんだ、と。

 

 

「ベアちゃんってホント、

 

f:id:yurayura3:20191111213146j:plain

バカだよねぇぇーーー!」

ハイドリヒ卿が死ぬわけないじゃん?え、信じちゃった?ウソでしょ?ウケる(笑)

と脳内フクナガの嘲笑がすごい。

ベアトリスが花瓶の水をかえにいく一瞬のスキをつき現れる黄金閣下。

ラ「隠すな。恥じる必要など何もない。今の卿こそが美しい」

 「私と共に来い、少佐。一度死んだ身なのはお互いだろう」

エ「はい、はい......何処までも!」

なにこのプロポーズ。なにその女の顔。

そりゃあエレ姐さんの創造の詠唱もああなりますわ。

ほんのつかの間の幻想を信じてしまったことに激しく後悔するベアトリス。

ベ「悔いが、悔いが残るのだ。取り戻したいと切に願う」

メ「然り、その渇望こそ御身の真実」

もう嫌だこのニート

 

最後はヴィルヘルム。

出演されるのは当然我らがヘルガ姉さん。

病んでるっていうレベルをとっくに超えてるせいで逆にメンタル最強、いや最恐。

とにかく、わたしがわたしがとスゴいうるさい。天狗道かな?

 

f:id:yurayura3:20191024214611p:plain

 

このままヘルガ・オン・ステージが続くと思いきや、クラウディアの一声で闇が霧散。

すると今度は背後から謎の男。

こと挨拶にはうるさいヴィルヘルム。

名乗るならまず自分からでしょ?と常識的なセリフを吐くと、

 ?「だから?芸のない返答だな。つまらんぞおまえ」

 めちゃくちゃ辛辣な返しがくる。司狼ですら名乗ったっていうのに...。

そのまま戦闘になるかと思いきや、クラウディアが目覚めかつリザ・ベアが来たため中断。

男はヴァチカンの工作員ルートヴィヒ・ヴァン・ローゼンクランツと名乗る。女子の前だと名乗るのかコイツ。

f:id:yurayura3:20191024211337p:plain

 

 

ここで一旦感想を区切り。

とりあえずリザやエレオノーレなど本編で語られなかった話を補完してくれていてうれしい。

特にリザは黒円卓の中でどうしてもキャラが弱い(というか他が強すぎる)と感じていたので、過去が語れることにより厚みができて良かった。

新キャラのクラウディアも見た目ヨシ、性格ヨシ。メインヒロインとして最高だぜ!

ただ読んでいてダレるシーンもちらほら。ベイとベアトリスの漫才なんかはこのあとも続くのだがワンパターンすぎてな、、、。

まあ双首領はいつも通り。通常運転。あれが通常運転なのが双首領。

ところでキッス・イン・ザ・ダークってほんとにあるカクテルなのか。

カタカナ表記だとすげえダサうわなにをすやめくぁwせdrftgy

 

続き→「Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~」感想Ⅱ - ゆらりゆらりとゆらゆらと

 

 

 

出典元:www.light.gr.jp