ゆらりゆらりとゆらゆらと

あたまの悪い男が、起こったことを忘れないためのボケ防止日記

戦神館

『相州戦神館學園 八命陣』第三話 感想弐

“早く来い四四八......俺はおまえが羨ましい” 3話のエピローグは敵勢力のターン。 主人公たちの裏でそれぞれ暗躍する各勢力の動きと力関係がおもしろい。

『相州戦神館學園 八命陣』第三話 感想壱

千信館の学生らしく——行くぞォ! 第3話。 Diesがそうだったように、戦神館でも主人公が戦いの火を灯す希望の章。 強いって何ですか?という一歩が求めた答えがここに。

『相州戦神館學園 八命陣』第二話 感想

“俺は柊恵理子の息子であり、晶たちの仲間であり、皆にとっての誇りでありたい。ずっと、これから、何があっても” いよいよ話が本筋に入ってくる重要な第二話。 主人公たちが乗り越えなけばならない壁たちが次々と登場し、プレイした全爪牙が頭を抱えたこと…

『相州戦神館學園 八命陣』第一話 感想

“一言でいえば強くなりたい——それが俺のずっと持ち続けている願いだった” 主人公含め登場人物の顔見せ回。 「修学旅行」「定期試験」といった学生ならではのキーワードが頻出し、前作の反省が大いに見える1章(笑)。

『相州戦神館學園 八命陣』プロローグ 感想

“強い男の人が好きだなんて、何があっても言ってはいけなかったのだ” 神咒神威神楽cs版発売後に発表された、正田卿の新作。 特徴としては「神座シリーズに属していない、独立した作品」という点。 パラロス~神咒まで、後付けとはいえ壮大な世界観と設定を有…