ゆらりゆらりとゆらゆらと

あたまの悪い男が、起こったことを忘れないためのボケ防止日記

「Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~」感想Ⅱ

f:id:yurayura3:20200425154655j:plain


 
前回のあらすじ:間男があらわれた。
 
 
一向を覆っていた闇は消え、若干の疑問はのこりつつもミッション終了。
クラウディアはルートヴィヒに対し、同じ神に仕える者同士仲良くなりましょうと提案
心ぴょんぴょんなルートヴィヒは「ルイ」と呼ばれることを承諾。
メシウマなベアトリス。
解散のお流れになりそうなところ、調査に訪れたであろう一般兵の襲撃を受ける。
ぼけっとしているヴィルヘルムに代わり、ここが魅せどころといわんばかりに暴れるルイ。
 
10人ほどの小隊を行動不能にするも1人も手にかけていないルイ・ヤマト。
生かしておくわけにはいかぬと「アンタって人はーーッ!!」とその10人を殺していくベイ・アスカ。
ぶつかり合う自由と運命。終わらない明日は来るのか?
次回、機動戦士ガンダムDies DESTINY
『天空のベイ』
薔薇の夜に、枯れ落ちろ!ガンダム

f:id:yurayura3:20191122081409j:plain

 
……すいません調子のりました。
 
 
クラウディアの前で“殺し”を見せたことに対し非難轟々の嵐。
さながらクラスで孤立したヤンキーのごとし。
 
 
みんなから距離を置き1人で行動していたベイ。
そこに
ク「じゃん、お待たせしました。クラウディアちゃんですよ」
 

f:id:yurayura3:20191028214503p:plain

 
...
.......
............
 
あなたに恋をした、花よ。
 
ブログ主完全にオチる。
おまえはもう要らんぞ、ヴィルヘルム。これより始まるはクラウディアちゃんを愛でる地平。用済みの役者には退場願おう。
 
だが、そんなブログ主の想いとは裏腹にイチャイチャトークを始める2人。
ルイとの関係にヤキモチ焼いたの~?とどこか嬉しそうなクラウディアちゃん。
しかしベイはあり得ぬと一刀両断。
自分もまたクラウディアと同じ半分しかない存在。愛や恋といった感情を持って生まれてこなかった。
ク「それなら、私があなたにその心を贈りましょう」

f:id:yurayura3:20200425154716j:plain

 
ベイから光をもらい、私は愛を与えると告げる。
そして明かされるクラウディアの命の残り時間。
エレオノーレから渡された書類は、クラウディアのカルテ。
ガンの進行により保ってあと一月。
しかし自分が恋をしてヴィルヘルムの中に未練として留まるのは避けたい。
ゆえ、恋をするのは自分ではなくヴィルヘルムの方なんだ、とクラウディア。
はぁクラウディアちゃんマジ天使。
これこそヒロインですよ。うん。
聞いてんのかヘルガ?
 
 
ここまでインタビューをつつげたディナによるクラウディア評。
『自由で幸せに貪欲』
『必要以上に光を求める自身はおかしいのかもと不安』
『ヴィルヘルムに付いていったのは、人並みの恐怖を感じたかったから』
 
 
場面は水銀の回想。
死にたい、死にたい、けど望んだ結末じゃなければ嫌だ。
自分が創った既知感の世界に悩まされる水銀。
ほんとあらためて意味わからん神だなコイツ。
その水銀の下を訪ねるとある人物。
自分が何者なのかわからない。
はるか昔からあらゆる知者の下を訪ね、問い、答えられぬのなら殺していく放浪者/彷徨者/厄介者
そんな男をみて自分と重ねる水銀の魔術師。彼は自分に近い。
そして魔術師はその男の真実を答える。
メ「御身は闇。あまねく夜の御子を生んだ暗黒の父だメトシェラよ 」
 
 
そして突如はじまるヘルガのヒステリー嫉妬タイム。
クラウディアちゃんのことを酔いすぎ浸りすぎ自分勝手すぎアイツやばい等々。

f:id:yurayura3:20191122081429j:plain

本編は玲愛ルートだけの登場で正解だな。コイツはちょっとでてくるだけでお腹いっぱいだ。
てかやりとりの中でベイが流出の果てにあるものに辿りついてるのがすごい。
こいつ勉強しなくても試験できるタイプだ。うざ。
 
 
そんなこんなで城にてミッション終了報告。
金閣下に対等に接するルイにピキりそうな何人かの団員。
なにかノルマでも課されてるのかってくらいベイを煽るルイ。
そしてカチンの怪異を払ったのは我らがクラウディアちゃんだと断言。
煽られまくるベイがキレかかった次の瞬間。
メ「ふはは、ははははははははーーーーーー」
素で大爆笑する大変態。コイツほんと絶好調だな。
もう全員ドン引き。ルイもドン引き。ブログ主もドン引き。
さすがのラインハルトすら、気味悪いわおまえと止めにはいる始末。
ありがとうラインハルト。爪牙はあなたを応援します。
 
 
報告会終了後集まるベイ、ルサルカ、シュピーネさんのTEAM小物。

f:id:yurayura3:20191029175649p:plain

シュピーネさんによるルートヴィヒ解説。
いやぁほんと優秀だよシュピーネさん。
本編であんな下策をとったのが夢みたいだ。いやきっと夢だそうに違いない。
現実じゃあ華麗な形成で蓮をケチョンケチョンにして、
「この程度ですかツァラトゥストラ?これも顔の差でしょうか。エイヴィヒカイトの本質は掴めました。ゆえに!今こそわたくしの真の力をお見せいたしましょうーーAtzilut(アティィィルゥト)!我に勝利を与えたまえ」
ってな感じで獣と蛇と三つ巴決戦して、マリィもなんやかんやで救済して、波旬も石破キモキモ天驚拳で希望の明日へレディ・ゴーーって......
 
黄「おまえがそう思うのならそうなのだろうよ。おまえの中ではな」
 
.......ハッ!?
いかんいかんいつの間にかアヘンの夢に浸かっていたぜふぅ。
ガンダムネタ2回も使っちまったよ。知らねえ人見たらどうすんだコレ。
 
 
たまった鬱憤を晴らそうとクラウディアに夜這いを敢行するヴィルヘルム。
吸血鬼っぽいちゃあぽいか。
しかし顔をみておとなしくなる。この度胸ナシがっ!
ここまでの旅路でかなりムチャをしたクラウディア。死んどそう。
そんな命を粗末にしているクラウディアと心を粗末にしているヴィルヘルム。
世の中を冷めた目で生きるなんてヴィルヘルムらしくない、俗であることこそが素晴らしいと語るクラウディア。やっぱりシュピーネさんこそが至高!
この言葉がヴィルヘルムの指針になる。(元から俗らしさプンプン丸だけど)
 
 
 
場面は水銀とメトシェラの会話の続き
“闇”が擬人化した存在。
それが彷徨者の正体。
この世の神秘は全て、「魔術が全盛期」=「メルクリウスが元気だった時代」に誕生したメルの搾りカスみたいなもん。
ただその後メルクリウスが“いやぁつれ―まじつれーわ 死にてーけど死ねねーわぁまじつれー”病に罹ってしまう。
 

f:id:yurayura3:20191122081444g:plain

 
その影響でつられるように神秘たちもアボン。
ただ唯一生き延びたメトシェラ。
なぜ自分だけ?
理由は神秘の元であるメルクリウスに近かったから。

f:id:yurayura3:20191122081456j:plain

 
“願いが叶うまで死ねない”という諦めの悪さから、いまなお存在する最後の神秘。
このときのメルクリウスはホーエンハイムの名前で活躍していたらしい。(きーみの手っでー 切ーり裂いてー)
 
 
朝、ベイを起こしにくるクラウディアちゃん。
もう完全にラブコメ。ベイのくせに!
寝たきりでもおかしくなかったクラウディア、なぜか絶好調。
なんだ愛か?愛の力なのか?許せねえヴィルヘルム!
おまえなんか永遠に奪われ続けてしまえ!
 
 
そのまま尻にしかれる旦那よろしく市場に買い物へ行くベイ。
すると、
エ「天下のヴィルヘルム・エーレンブルグ中尉殿が、ジャガイモを持って市場めぐりとは驚きだよ。午後から雪でも降りかねん」
エレ・リザ・ベアの黒円卓三人娘(娘?)とバッタリ。
ユーザーの気持ちを代弁してくれる我らが赤騎士。
ヴ「うるせえな、ほっとけよ。そりゃ俺だって買い物くらいするわ」
そうなのか(笑) ベイがふつうのことを言うだけで面白いなあ。
 
 
どんどん体調が快復していくクラウディア。
それにベイもユーザーも違和感。
ヘルガさんもなぜかご機嫌。
そんなある日、ルートヴィヒが2人の愛の巣に。
招いたのはクラウディア。
食卓を囲み、自然だーい好きトークを交わすクラウディア&ルイ。
こんどお気に入りの場所につれてってあげるね、なんて楽し気なルイ。
そんなイチャイチャトークに野次をとばす家主ベイ(家主じゃないけど)。
自然を小ばかにされ「表にでろやボケェ」とルイ。
「上等じゃコラァ」とベイ。
 
教会に場所をうつした2人。
クラウディアは意識の底で出来るなら死にたくないと考えていることに、野郎2人は気付いている。
ならば死なせない、生きながらえさせるとルートヴィヒ。
対して、死にたくないと叫ばせてから喰らってやるとヴィルヘルム。
ル「ならば問おう。おまえはいったい何をもって、彼女に死にたくないと言わせるつもりか」
ヴ「あいつを俺に惚れさせんだよ」
なんだコイツおれが知ってるヴィルヘルムか?ムズムズするわ!
螢ルートの蓮みてえなこと言いやがって。
そこからは怒涛の殴り合いに...と思いきや、
派手にぶっ飛ばされて被害者を演じるルートヴィヒ。
ちょうど到着し、ルイに駆け寄るクラウディア。
ひどい、なんてことをするの!とテンプレ展開。
ひどい茶番だ。
ベタベタすぎるし古いしで乾いた笑いしかでませんよコレは。
 
 
城に帰ったヴィルヘルム。
ストレス発散に選んだケンカ相手は.......
 f:id:yurayura3:20200425155132j:plain
シュライバーだと!?
さらに蠱毒の闘技場でマキナも参戦することに。
なんてことだすばらしい未知だ!
格上2人誘うなんて馬鹿じゃないのかといいたいところだが、グッジョブヴィルヘルム。
せっかくの外伝作品なんだからこういうマッチがみたかったのよ。
全員形成を展開。
まずい、薔薇の杭を生やすなんて宴会芸みたいな能力じゃあこの2人相手はまずいよベイ。
しかもなんかそのままベイの恋愛相談会に。
よすんだベイ!マキナに恋バナはむりだ!
しかしけっこうノリノリで会話するマキナ。
むしろ核心をつく勢い。おまえ衆道至高天じゃなかったのか。
君はダメ男なんだ、とシュライバー。
コイツに言われたらいろいろおしまい。
ヴ「だが、他人に言われてああそうですかと宗旨替えするような奴は俺じゃねえ。ヴィルヘルム・エーレンブルグの生き方じゃねえ」
そうだよその通りだ。それでこそベイだよ。
 
 
気付けば大の字のベイ。
決着はウヤムヤ(いや100%負けたろ)だが、魂の燃焼は成されたと気分爽快。
だったが......
メ「お目覚めかな、ベイ」
世にも不気味なモーニングコールをくらい飛び起きる。
3日間も戦い続けて愛しのあの子をほったらかしでいいのかと、心配する優しい上司っぷりをみせる副首領。
お前が奪いたいと願うのは奪われ続けているからこそだぞ、といらんことも言っちゃう副首領。
 
 
帰ったあと何話そう?なんて高校生の恋愛みたいな思考のベイ。
帰路につくと、怪我を心配して駆け寄ってくる天使クラウディアちゃん。

f:id:yurayura3:20200425154745j:plain

治療されながら説教を喰らう不良少年と母の図。
しかし不良少年も言われっぱなしじゃ終わらない。
ヴ「俺が拾った命なんだから俺に捧げろ」 
 「身も、心も、魂もだ——俺もそうする」
 
あーっ、あーっ、あーっ!
なにコレ恥ずかしい!なんかすごい恥ずかしい!
プレイしているこっちが恥ずかしい!
やだコレ!もうムリだコレ!
 
などとブログ主が悶絶していると、クラウディアちゃんの口がベイの首筋へ。
おっ濡れ場か?と思っていたらそのまま吸血行為に!?
……忘れていたぜこれは「Dies irae」だってことを。
甘酸っぱいお話しが続くわけなかった。
クラウディアは自分がしたことが信じられず逃亡。
信じられぬ脚力をみせる。
おどろおどろしくなってきました。
正田卿の神髄はここから。
 
 
三度、水銀の回想。
水銀がカリオストロと名乗っていた時代、再会をはたす水銀とメトシェラ(ルートヴィヒ)。
メトシェラは長生きしたまま1人で死んでいきたくない。
死の間際まで共にいてくれる伴侶がほぴい。
ル「私は彼の、彼女のために在ったのだと、確信することで救われたいし救いたいのだ」
なにもおかしなことはない長命ゆえ生まれた願い。
正田キャラはみんな根底にある渇望が純粋よな。
その願いを叶えるためには魔術による延命措置が必要と考えるメトシェラ。
そのため『メルクリウス魔術学校』に入学しようとするも、校長からその必要はない、おまえ自分でできるだろと入学受け入れ拒否を言い渡される。
校長は校長で最近愛しの女神を見つけられたと大喜び。
水銀の壮大な代替わり計画はこのあたりから始まったんだなぁ。
いっしょにがんばろうねなんて具合でメトシェラに贈り物を授ける水銀。 
この贈り物が後々とんでもないことをひき起こすことになるなんて...。
 
この2人の回想をすべて夢でみていたクラウディア。
自身の体調がよくなっていくことに違和感をおぼえていたものの、善き処へ行けるのではと幻想を抱いてしまったためにスルー。
クラウディアは悪くないでしょこんなん。
 
 
教会にいるとアタリをつけ、たどりつくベイ。
すると間男とクラウディアちゃんの衝撃的シーン。
 f:id:yurayura3:20200425154808j:plain
もうダメだ許せねえベイ先輩こいつやっちゃってくださいよ!!(手のひらクルクル)
しかしいよいよ本気モードのルートヴィヒ。
かるく返り討ちに。
ヴィジュアルも変化して、夜刀様や終曲蓮と被るぜ。
 
 
テンションがノッてるルートヴィヒ。
そのまま城に結婚宣言へ。
君らの邪魔をしないからこっちの新婚生活もじゃましないでね♡
と、闇の波動で威圧。
なんて迷惑な結婚の挨拶なんだ......。
 
 
世界が恐怖に陥り黒円卓連中も被害に遭う中、余裕が天元突破してる双首領。
むしろ既知が消えねえじゃねえかと不満をもらす始末。
もうさっさとおまえら殺しあえ。
アニメ同様巨大ドクロロボットに変形する城。
口から放たれるは核をこえる黄金ビーム。めちゃくちゃだぁ。

f:id:yurayura3:20200425155111j:plain

ラインハルトはルイたちの新婚生活をも壊し(愛し)たい模様。
 
 
北へ逃げるルイ。
腕の中で目覚めるクラウディアに真相を話す。
・本物のルートヴィヒはカチンの洞窟で死亡
・カチンの怪異の原因は自分
・クラウディアは吸血鬼になることで半分ではなくなる
それに対し、太陽の下を歩けないなら意味がないと叫ぶクラウディア。
ドヤ顔で白夜ならOKでしょと豪語するルイ。
いや白夜と陽の光はだいぶ差があるのでは...?
なんだかモヤモヤするクラウディアだが、追手の気配を感じたルイによって眠らされる。
 
 
ここで感想区切ります。
しかしイカベイの最大の功績はクラウディアちゃんという存在がうまれたことだな。
マルグリット挺身追跡隊のブログ主も我を忘れてしまう勢いだったよ。