ゆらりゆらりとゆらゆらと

あたまの悪い男が、起こったことを忘れないためのボケ防止日記

玲愛ルート

「Dies irae Nihil difficile amanti」感想

“わたしはまだ、生きています。前を向いて、光の中、再びあなたに出逢いたいと願っていたから” “ただの一人の女として、駆け抜けた刹那に追いついたと思いたい” 長きに渡って展開された「Dies irae」も、この追加ストーリーでついに完結。 元々はカップル投…

「Dies irae Zwei Wirklichkeit」感想

“いつかどこかで見たような女の子が、私達に優しく微笑んだような気がしたのだ” 玲愛ルート改め、黒円卓ルートの後日談。 幻想に魅せられた過去とは違う、真の現実に生きる彼らの物語。

「Dies irae ~Amantes amentes~」EPILOGUE 感想

“俺達は互いの目を見て、しかし誰に言うともなくそんな言葉を吐いていた” “まるで自戒するように。これでいい。これでいいのだと” これにて歌劇は終幕。ロートスの言葉は、現実社会を生きる我々全ての人間をも勇気づけてくれる。満たされない欲望、不条理な…

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterXⅢ-α 感想

“愛しい総て、わたしは永遠に見守りたい” いわゆる三つ巴ルート。 「Amantes amentes」最大の売りの一つ。 散見される神咒との関係性に思わずニヤついてしまう。 至高の天に爪牙たちが歓喜したことだろう。

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterXⅢ-Ω 感想

“あなたに恋をした” “あなたに跪かせていただきたい、花よ” 偉大なる歌劇のクライマックス。 蛇と獣の怪獣バトルの章。 いつから蓮が主人公だと思っていた?

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterXⅢ 感想

“魅せてくれ。幻想にはならぬと言ったその絆(レギオン)” “あるいはそれで、私も夢から覚めるかもしれん” 最終章前半。 三騎士それぞれへ引導を渡す、最高にかっこいい主人公!

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅫ 感想

“最後に勝ちを狙って何が悪い” ついにこの章に来てしまった......。 ブログ主は全編通じてこの章が一番好きで、一番プレイしたくないです。 神の脚本通りに動いてしまう彼。 しかしそんな彼を“神の玩具”だなんていわせたくない。 これは親友同士の物語。

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅪ 感想

“俺の——勝ちだァァァァァアアアアアァァァッッ!!” ヴィルヘルムの章。 まさか1章まるまる主役を与えられるなんて……愛されてるなおい。 裏で暗躍する水銀にも注目。

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅩ 感想Ⅱ

“お願い。神様——どうか私からこの人を——” “この人だけは、遠くに持っていかないで——” 10章後半戦は、いよいよ主人公にスポットライトが。 しかしそれは決して華々しいものじゃなく、蓮をどこまでも絶望に追い込んでいく。

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅩ 感想Ⅰ

“これが怒りの日の前哨戦だ。さあ、存分に乱れようか” 謀反組vs大隊長で構成されている10章前半。 そのあまりにも熱い展開に、主人公が完全に息をしなくなる!!

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅪ 感想

“大丈夫よ、玲愛。私達が守ってあげる” 話が大きく動く玲愛ルート第9章。 特に後半の熱さは、ここまでプレイしている爪牙であれば声を出さずにはいられないほど。 それゆえ、どうしても前半のとあるシーンが納得いかない。 ここさえなければ...。

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅧ 感想

“ゆえに単純な話だ。藤井蓮は氷室玲愛を救わねばならない” “俺が俺であるために、このふざけた呪縛を断たねばならない” 玲愛の黒円卓狩りが始まる第8章。 しかしながら、自分のルート以上に流暢にしゃべるマリィの演技に違和感が……。 収録に間があったからか…

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅦ 感想

“わたし、どうしても会いたい奴がいるの” “それが叶うまで、死ねない。死にたくない” 全体の流れとしては、マリィルートと同様。 しかし水銀が波旬因子を潰してまわった因果か、もろもろ水銀の思惑とはかけ離れた行動にでる者たちが。 玲愛ルートという体の…

「Dies irae ~Amantes amentes~」ChapterⅥ-B 感想

“私の業(あい)とは、すなわち破壊だ。総て壊す” マリィ・玲愛ルートへの分岐。 女神覇道化計画が本格始動するのだが、黄金の重すぎる愛に、さっそく計画は佳境をむかえる(早えよ)。