ゆらりゆらりとゆらゆらと

あたまの悪い男が、起こったことを忘れないためのボケ防止日記

「Dies irae Nihil difficile amanti」感想

f:id:yurayura3:20200624103515j:plain

“わたしはまだ、生きています。前を向いて、光の中、再びあなたに出逢いたいと願っていたから”

“ただの一人の女として、駆け抜けた刹那に追いついたと思いたい”

 

 

長きに渡って展開された「Dies irae」も、この追加ストーリーでついに完結。

元々はカップル投票の結果により作られたアフターストーリー。

玲愛先輩側のとってつけた感と、アンナ側の気合いの入れっぷり。

誰が真のヒロインなのか、はっきりわかんだね。

 

 

 

ベアトリスからの手紙でスタート。

しかしながら、短編はどれもこれもベアトリスの語りから始まってる気がする。どんだけ汎用性たかいんだこのわんわんおは。

 

エレオノーレの死はやはりこたえたらしく、長らく臥せっていた模様。

しかし、沈んだ心を立ち直らせたのも、やはりエレオノーレ。

ベ『ヴィッテンブルグ少佐はもういない。あの人ならこんなとき、前を向けと仰るでしょう。死者を抱きしめる者など反吐が出る』

 『だから立って、顔を上げて、前を歩こうと思います』

本編内、特に玲愛ルートで顕著だった姐さんの矜持。

敵として出てきていたから、その時は嫌な感じにしか聞こえなかったが、改めて聞くとまた違った印象だ。

少なくとも、ベアトリスにとっては大きな救いになったのだろう。

再び前を向いた彼女は、同じ空の下で戦う同胞たちの道を照らす光にならんと決意。

「黒円卓の死神」と揶揄されたかつてとは違い、真の意味で「戦乙女」へと昇華された。かっこよすぎるぜ。

 

さて肝心の手紙のメインはズバリ、「ロートスの帰還」。

遺産管理局から前線へ自ら異動願いを出した彼。

原因はミハエル(あいつマジで......)

随伴する形で、ロートスも戦地に赴くことに。

史実通りに活躍するミハエル。だが、英雄は常に激化する戦場へ送られるもの。そうすると彼に付いていくロートスも必然的に危険な場所へ......。

アンナからしてみればたまったもんじゃなかったろう。

 

手紙を読んだアンナは、迷わずダッシュ

ホモ疑惑が深いバカを捕まえて、いざ一世一代の大勝負へ。

 f:id:yurayura3:20200626103518p:plain

この一枚絵、言葉が出ねぇ......。

いつもなら「アンナちゃん可愛えええぇぇぇほげぇぇぇぇっ!!」と叫んでるところだが......この後の運命を知ってるもんだから、萌えるどころか泣きそうになってしまう。

BGMもよりにもよって何で「Odi et Amo」なんだよふざけんなよ胸が苦しいだろうが。

 

必死に迫るアンナだが、ロートスから出るのはミハエルの話ばかり。

f:id:yurayura3:20200625225901j:plain

わざとなのか何なのか知らんけど、アンナの話をはぐらかし過ぎて本気でイラっとくる。

 

強い軍人の象徴でもあったエレオノーレですら死んでしまう現実。

ロートスと次に会える保証なんてどこにもない。

ゆえに“今という刹那を大事にしたい”というアンナの真摯な願い。

だというのに、この野郎は……。

メンタリティがどうのこうのと、バカじゃねえのか!

自分を好いている女性(しかも美少女)がこんなに必死になってるのに、なんで本気で接してやらねえんだ理解ができん。これがロートスの個性と言われても承服しかねるわ。

 

精一杯頑張ってみるものの、アホが相手だと空回り。

意気消沈したアンナちゃんがポツリと漏らした一言は……

ア「わたし、ロートスの子供がほしいだけなのに」

 

ロ「へ?」

ア「え?」

ふぁっ?

f:id:yurayura3:20200625231133j:plain

 

敗北の坂を転がっている第三帝国

一介の町娘であるアンナですら、その空気を感じている。

だからこそ次代へ。愛する人が生きた証を残したい。

それがアンナの望み。

ア「だからお願い、前を見させて。この今が大事だから......あんたを先まで、続けさせてあげたいの」

友人であるリザが体現したように。

いまこの時が、アンナの戦場。

 

その覚悟に、ロートスもようやくアンナの気持ちを受け入れる。

淡く微笑み、条件を二つ提示。

一つは、“子供ないしは孫を日本に住ませてほしい”

蛇の世界から、“座”を超えて受け継がれる想い。

メルクリウスからラインハルトへ、彼からロートス、そして今アンナへ。

“理由は全然不明だし、いつになるかも分からないけど約束する”

“だって、あんたがそうまで日本に行きたいって言うんなら、この先どうなろうとそこでまた逢えるような気がするから”

 

んでもって、明示されるもう一つの条件は......

 

“リザの声真似で勃たせろ”

 

..........(*^-^*)。

ア「ぶっ殺すぞこのふにゃちんがああああぁぁぁっ!」

まぁこの2つ目はロートスなりの照れ隠しのような冗談なのだろう(デリカシー皆無だが)。

なんにせよ、この日ようやくアンナちゃんは星に手が届いたんだ。

 

 

 

そして現代。

Zwei Wirklichkeit』から4年後。

無事ニートから花嫁にランクアップした玲愛先輩。

周りを囲むのは負けヒロイン日常のメンバーたち。

f:id:yurayura3:20200626124343p:plain

f:id:yurayura3:20200626124356p:plain

教師になった香純。

警官になった螢。

そしてお医者様になったエリー。

髪が伸びたエリーは似合っていてかわいいなぁ。

司狼ともなんやかんや上手くいってるようで嬉しい。

香純もロングになってるんだけど......う~ん可愛いんだけどグッとはこなかったな。

今どきの学生たちに悪戦苦闘してるようだけど、彼女なら問題無いだろう。

指導者としての素質はマリィルートアフターで折り紙つきだ。

それにしても螢は相変わらず尖ったセンスしてるな。

おまえそんな身体のライン丸わかりなドレス着やがって......ありがとうございますっ!!!

 

蓮も玲愛もお互い“今を生きる”ということに関して誰よりも真摯。

ゆえに、ようやく結ばれる時が。

 

 

一方新郎側の方では、BBAに絡まれる若者の地獄絵図が展開されていた!

年寄りの昔話に付き合わされている戒兄さん......イケメンであるということはメリットだけじゃないんだな(戒め)。

ベ「ああ、でも、今のは減点一ですよ。私のことは、こう呼んでくれと言ったでしょう。ベアトリスって」

しかもこの婆さん、ガチである。

せまる兄さんの貞操の危機。なんとか蓮の横やりが間に合ってくれてホッ。

うん、とりあえずベアトリスは今世あきらめて、お互い次の転生先で結ばれればいいんじゃないかな。

 

この一連のアホなやりとりを薄目で眺めていたアンナさん。

先ほどまで夢に出てきていたロートス、そして今この場にいる蓮。

なにもかもが瓜二つで、アンナにとっては名状できないほど感慨深いもの。

これより始まる式。

ベアトリスの粋な計らいで、玲愛とは別に、アンナも蓮といっしょにバージンロードを歩くことに。

ほんっと、ベアトリスはいい奴だ。

 

 

あの日、挙げることができなかった結婚式。

アンナが蓮に素性を明かさないのは「今さら名乗り出る資格がない」というのもあるが、実は理由がもう一つ。

 

ア「わたし、幸せよ。夢だったの、これが」

 

瓜二つである蓮を前に、あの日の自分が、あの日の彼を前にしてるのだと思いたかったから。

あの日伸ばした手が、勇気が、ここに結実したのだと感じたかったから。

差し出された手を取り——70年の時を超えて、アンナは誓いの言葉を。

f:id:yurayura3:20200626131121p:plain

f:id:yurayura3:20200626131129p:plain

ア「愛してるわ、ロートス」

 

 

キャラ雑感

玲愛

永いときを超えてようやく花嫁衣裳に身を包んだ玲愛先輩。先輩ファンはやっと報われたな。

でもストーリー的には完全に真ヒロインに喰われている!!

 

ベアトリス

影の功労者。

アンナと蓮の出逢いを導いた、まさに道を照らす光。

その友情と愛情に胸があったかくなる。

だから若い子食べちゃっても許されるよね?!!

彼女と戒の間に、もはや「腐食の祝福」は存在しない。

 

ロートス=蓮

刹那を愛する斬首官とその末裔。

アンナの気持ちに応えたはいいものの、そのまま帰らぬ人になってんじゃねえよ......。そこは全力で帰ってこいよ馬鹿野郎......。

しかしだからこそ、“2度目”の出逢いに感極まったのも間違いないのだけれど。

ノリがイマイチ不快に感じるロートスより、苦労人で根がマジメな蓮の方がやっぱり好きかな。

女神が包む地平で、人として幸せに!!

 

ルサルカ=アンナ

突如ヒロインレースに躍り出て、そのままエンディングを掻っ攫っていた大勝利の人。

カップル投票でも、中間発表の段階からすでに1位の座を獲っていたため、その人気は言わずもがな。

こうして声と音楽が付いたことにより、なおのこと愛しい存在に。

後付け最高!おまえこそ至高の刹那だ!!

 

 

 

出典元:www.light.gr.jp