ゆらりゆらりとゆらゆらと

あたまの悪い男が、起こったことを忘れないためのボケ防止日記

神咒神威神楽

「神咒神威神楽 曙之光」卯月・不和之関 感想・下

“薄汚い波旬の細胞めら” “貴様らに、この黄昏は渡さない” お遊びはここまでだ。 いよいよもって現れる穢土の化外たち。 その圧倒的な強さと、負けられないという悲憤に、もうこっちの胸が苦しゅうて苦しゅうて(´;Д;`)

「神咒神威神楽 曙之光」卯月・不和之関 感想・上

“この東征(いくさ)、勝って帰ったらまたここで、桜(こいつ)見ながら派手に飲もうぜ。祝勝の宴だ” 本格的な穢土攻めスタートな章。 嵐の前の静けさどころか乱痴気騒ぎに、到底許せる彼らではなく......。

「神咒神威神楽 曙之光」卯月・淡海 感想

“我らの楽園は渡さない” “お前達を黄昏には立たせはしない” ようやく始まる東征。 主人公たちの快進撃の章なのだが、Diesユーザーは血反吐を吐く思いをしなければならない......。

「神咒神威神楽 曙之光」弥生・秀真 感想

“辿り着いた先が地獄であったとて、その瞬間が至高の輝きを放つならどうして悔やむことがありましょうか” コンシューマで追加された、東征前のエピソード。 宗次郎&咲耶という、本編で全く絡まなかったペアがメイン。

「神咒神威神楽 曙之光」睦月・秀真 感想・下

“なあ、てめえらも、一緒に東へ征こうじゃねえかッ! 御前試合後編。 竜胆の発言がどれも名言すぎて言葉につまるわ、ついに出てくる真打・覇吐の登場に胸も震えるわでもう大興奮の章。

「神咒神威神楽 曙之光」睦月・秀真 感想・上

“自分が何をするべきかは、決まっている” ついに始まる御前試合。 ブログ主はここの戦闘が作中でも1・2を争うくらい好きなんです。

「神咒神威神楽 曙之光」極月・秀真 感想

“天(かみ)を知らぬ。地(みち)を知らぬ。死後の浄土も奈落も何も、概念自体存在せぬからこの生にのみ総てを欲する” “普遍的信仰というものが何処にもない無道の世。後に天狗道と定義される、魔界の理がそれであった” いよいよ本編。 主要人物達の顔見せ回。 …

「神咒神威神楽 曙之光」序文 感想

“夜行様曰く、天狗道。これはそうした世を生きたわたくしどもの物語” story:人里離れた地でひっそりと暮らす妙齢の女性、凶月咲耶。都に住む知人へ手紙をしたためる。内容はかつて自身達の身に起こった、たった一つの真実——。

「神咒神威神楽 曙之光」最後之修羅 感想

“誰よりも真実に誓いを守り、何よりも誠実に契約を重んじ、神よりも純粋に人を愛した破壊の君よ” “我を焦がすこの炎で、総ての穢れと総ての不浄を祓い清めると誓いを立てよう” story:かつて黄金の近衛として“怒りの日”の舞台に立ったエレオノーレ・ヴィッテ…